佐渡裕の何が凄い?現在の評判や2022年コンサート情報が知りたい!

トレンド

どうも、yuukiです!

今回、オーケストラの指揮者をしている佐渡 裕(さど ゆたか)さんが11月23日(水)に放送予定【笑ってコラえて】に登場します!

番組では、佐渡裕さんが『鹿児島・神村学園』と『熊本・玉名女子』と『東京・八王子高校』の合同オーケストラ演奏する際に、指揮者として佐渡裕さんが㊙︎登場します。

なので、他にも指揮者が居る中で、佐渡裕さんの何が凄いのか気になりますよね!

また、現在の評判や2022年のコンサート情報を調査したので良かったら最後まで一緒に見ていきましょう^^

スポンサーリンク

指揮者である佐渡裕さんの何が凄い?

 2022年2023年と新日フィレハーモニー交響楽団のミュージック・アドバイザーに就任した佐渡裕さんは、89年新進指揮者の登竜門として権威あるブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、国際的な注目を集めていました。

 欧州の拠点をウィーンに置き、2015年よりトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督を務めているほか、ヨーロッパにて一流オーケストラへの客演を毎年多数重ねている。

 トーンキュンストラー管弦楽団は、110年以上の歴史を持ちオーストリアを代表するオーケストラで、佐渡裕さんは、音楽監督に就任しています。

 主に、海外で活動している本格派指揮者さんですね^^

1959年第1位、小澤征爾
1982年第1位、松尾葉子
1989年第1位、佐渡裕
1995年第1位、阪哲朗
1990年第1位、沼尻竜典
2001年第1位、下野竜也

クラシック音楽情報より

 1951年に創設されてから約70年の中で、日本人の優勝者はわずか6名と情報が分かり、それを見ただけでも素人の私からも、佐渡裕さんの何が凄いのかが分かりますね^^

 そんな佐渡裕さんは、日本でも活動しており、兵庫を拠点に全国からトップクラスの実力を持つ子どもたちを集めた弦楽オーケストラや、若手をメンバーとする芸術文化センター専属管弦楽団の指導にも力を入れ次世代音楽家の育成にも熱心に取り組んでいる。

日本では若手の演奏者を育て日本人の未来の為に活動をしているんですね!!

また、阪神・淡路大震災の復興を支援しており、10年の節目の年を迎えて「これからも心のビタミンを届けるような活動をしたい」と今後の活動に意気込みを見せていました!

素晴らしい指揮者だけでなく、人柄も素敵ですね!

スポンサーリンク

佐渡裕さんの現在の評判はいかに!

佐渡さんは、レナード・バーンスタインの最後の弟子でした。

バーンスタインは ‎1943年〜1990年‎に活躍した指揮者・ピアニスト・作詞家であり、『ウエストサイド物語』の映画音楽で知られる巨匠で、指揮者としてのバーンスタインは、エネルギッシュな指揮が特徴のようです。

そのため弟子である佐渡さんも、汗を流しながら指揮棒を振るう、大げさなパフォーマンスを身に付けました。

あまりに熱を入れすぎて、指揮棒を折ってしまったことさえあるといいます。

その為、大げさなパフォーマンスが苦手に演奏者も居ることから賛否が分かれているとされています。

 沢山の演奏者がいる中で、100人中100人気に入られる指揮者が居ないと思うので、仕方の無いことですよね!

素人の私から見て、師匠のスキルを取得して音楽に情熱を捧げている素晴らしい指揮者だと思いました!

また、見ている側としてはパフォーマンスとして凄いと思い、人気な指揮者なのではと考えられます!

スポンサーリンク

佐渡裕さんの評判は分かったが、2022年11月以降のコンサート情報は?

こちらは、佐渡裕さんのオフィシャルファンサイトに詳報が乗っているので気になる方はこちらをどうぞ!

Twitterでは、2023年の演奏情報もご本人から発信されていました。

2022年11月12日から先行で受付しているので、気になる方はチェックですね^^

スポンサーリンク

佐渡裕さんについて まとめ

佐渡裕さんの凄い所は?

佐渡裕さんは、89年新進指揮者の登竜門として権威あるブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、国際的な注目を集めており、現在まで日本人で優勝した指揮者がわずか6名と少ない中で佐渡裕さんはその内の1人です!

トーンキュンストラー管弦楽団は、110年以上の歴史を持ちオーストリアを代表するオーケストラで、佐渡裕さんは、音楽監督に就任しており、本場ヨーロッパでも注目されている人物のようです。

また、日本でも、兵庫の芸術文化センター専属管弦楽団の指導にも力を入れ次世代音楽家の育成にも熱心に取り組んでいます。

更に、阪神・淡路大震災の復興を支援の為の活動にも力を入れている人物のようです!

佐渡裕さんの評判は?

佐渡さんは、レナード・バーンスタインの最後の弟子で、大げさなパフォーマンスを身に付けており、大げさなパフォーマンスが苦手に演奏者も居ることから賛否が分かれているとされています。

ですが、素人の私から見て、賛否が分かれない指揮者は居ないと思うます!

また、観客から見て、大げさなパフォーマンスは、エンターテイナーとして格好良いと思うので、生で拝見したいと思いました^^

今後も、コンサートの開演の予定もあるので、活躍に期待ですね!

最後まで、読んで頂き有難うございます^^

では、またお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました